カテゴリー
未分類

知らない問題に対する対処法を考えておけばいい。

知らない問題に対する対処法を考えておけばいい。
予想もしなかった壁にぶっかったときに、どう乗り越えるのか。
そのためには、つねに物事を表側からだけでなく、裏側からも考えてみる習慣をつけておく。
ぜったい失敗しないように、あらゆる準備を整える。だが一方で、万一失敗した場合の対策も考えておく。
予想される危機を分析し、整理し、その処理手段を考えておく
必要なのは、まず想定される事態を徹底的に分析し、シミュレーションすること

中二のときに中三の勉強をするのもたいへんなのに、二年飛ばした上級の勉強をし、自分自身のいる立場、
中学二年の勉強をふり返れば、こんなにやさしいことはない。
まずは理解しやすいもので勉強して覚える

◎暗記主義:答えを出す手続きや、断片的な知識を正確に憶え込むのが学習であると考える。
◎物量主義:単純な反復による習熟が学習だとして、工夫をせずに学習時問や練習量だけを重視する。
◎機械的暗記志向一意味を理解しようとせずに、機械的に憶えて済まそうとする。
◎単純反復志向一学習法を工夫せずに、ただ繰り返して量をこなそうとする。
◎過程の軽視傾向一自分の解答が正解かどうかだけに関心があり、韻りの原因や別解などに関心がない

短期間で成績を上げるには、発想を逆転させてみよう/
教科ごとに勉強の仕方は異なる
ゲームを想定した実践的なパタiン化した(繰り返せる)練習
課題を選手(子ども逮)に発見させる練習
基本練習の反復と応用技能への発展
単純な結合から複雑な動きを必要とする練習を考える
暑い日、寒い日の練習内容を考える
丸暗記で応用問題は解けない
★使えるものは何でも使え!
問題を数値化する
①やり方をしばらない。やり方や考え方は一つではない
自分なりのコツを発見する
時間対効果を常に考えている人こそが合格する
結果が出ていないときは、プロセスが間違つている可能性が高い
大局的な観点から物事を見る練習

自分が知らない未知の問題が出たときにどう対処するのか、実はそちらのほうが重要。
あるいは失敗したり・挫搾したりしてしまったとき、それをどう乗り越えるのか0
想定外の未知の問題にどう対処するのか、その方法論を身にっけておくのが、夢をかなえるためには重要

こうすればできると考え方を変える
ひとつの難問よリ、たくさんの単純問題を確実にこなして得点すること。
遊びも同じで、やり方を考えればいい
単調作業には、ゲー丁の要素を加えて集中をはかるといい
◎各科目と各単元のN基本特性〃を知れば、苦手はなくなる
⑨撹乱:小テストなどで暗記の確認をするときは、順序をばらばらにしてテストしてみましょう。
見る、聞く、鯛べる
・出題範囲を決め、簡単な問題を文章に沿って出していきます
試行錯誤
今までの自分をゼロにする
方向性+専門性
え一い、考えるのはめんどうだ、丸暗記しちゃおう
ωアイデアを生かそう。他の人にはつまらない方法だと思われることでも、それが意外に自八凧に合ったやり方
身体の調子、生活のリズムをよくつかみ、勉強法を考えよう。
一方には通じる考え方だが一方には通じない場合があるので信じ込みすぎず臨機応変に対応変更する
①じっくり考えない
勉強法を研究して肝心の勉強をしない人


試験に出そうな問題を次々と解いていき、自分が解ける(つまり知っている)問題を増やしていくのが従来の勉強のやり方だ。
膨大な量の問題を分析し、そこから想定される未知の問題を傾向ごとにパターン化し、解答のマニxアルをつくる。
だが、マニュアルは人がっくったものを真似してもほとんど意味がない。
マニュアルはそれをつくる過程に意味がある。
結果だけをただ暗記しても、自分の頭は鍛えられないし、身についた知識にはならない。
マニュアルを暗配するだけだから、応用もきかない。マニュアルに該当しない未知
なぜなら、マニュアルをつくるには、混沌とした情報を集め、自分の頭で整理し、解き方を考えたりパターンに分けたりする必要があるから。
すでにある事柄や問題を分析して、想定される未来の出来事に対応できるマニュアルをつくる。

■どんな科目にも面白いところがある
大まかに言って、「勉強」という行為は、「理解」「定着」「試行錯誤」などの頭脳労働を指します。
⑦イメージの中で、必要な教材を手に取り、その内容に輿味深く取り組み、新しい知識に触れることが楽しいという気持ちを思い浮かべてください
大切なのは、前進するために必要なことはなんでもやってみること。
◎通勤.通学のルートを変えてみる
なにをど・つ勉強するのが自分にいちばんあっているのか
他者からの評価が白己を鍛える

●問厘纂ドリルなどはわざと途中でやめさせると頭に残りやすい
やろうというウオーミング・アツブで、勉螢に取りかかりやすくする
●辞書の第一べ一ジ目から、一露ずつ覚えていく方法である。
●かつては僚尾語や接頭踏の共通性をとらえて記憶してい也
嫌いなことをやるときは、自分の〃辱きな方法”を見つけてみる
佃か発言や挨拶をするとき、会場の材料に、左廻りか右廻りに順番に話のテーマをとりつけておげば、リモなしで屑ができる。
意味をたどり思考をめぐらせてこそ強く記憶できる。
考えごとは口に出してみれば、それに深く集中できる。
●覚えたべ一ジを破っては食べたという豪傑もいた。
●覚えるとき、言葉の由来など関連する事柄を合わせて考えるとつながりができて覚えられる
●歌
●暗算、凝視
●分析
5復習すること。記憶すべき内容にっいて、自分で自分に質問を出してみます。

カテゴリー
未分類

勉強を始める心構え

勉強をはじめてはみたけど3日坊主で終わることが多々あるという人もいらっしゃることでしょう。
最初はやる気まんまんでも飽きてしまったり、どこかでつまづいて続かないですよね。

勉強を継続して、習慣化するためには心構えや考え方を変える必要があります。

今回は心構え、考え方について考えて生きましょう。

まず、いちいち落胆しないということが大切です。
最初からできる人はいません。
できなくて当然という軽い気持ち出始めましょう。

例えば、物理などはいちばん難しい力学からはじまるから挫折しやすいです。
力学がわからないといって投げてはいけません。
いつかわかるようになると思って、ゆったり構えましょう。
繰り返し読むうちにわかるようになってきます。

ただし、ゆったり構えすぎてもいけません。
わかろうとしましょう。覚えようという意識と集中力がないと覚えられないですから。

たとえ、テストが悪い点だったとしても次は上がると考えてください。
点数は自分の現在位置を知るためと捉えましょう。
偏差値を気にしてあきらめていたら、自分の力にブレーキをかけることになってしまいます。

あきらめないということが大切です。
何度やっても覚えられないと嘆くこともあるでしょう。ただ、人間の記憶力というのはそんなものです。
何度やっても忘れるのは当たり前なんです。
忘れないために繰り返すのです。

昨日よりも少しでも成長したなら、「さっきより賢くなった」と考えましょう。
もっと自分の「できたこと」に注目してください。

あとまわしにしないということも大切です。

完ぺき主義もやめましょう。
失敗するくらいなら、完壁にできないなら、やらないほうがましだという考えはも捨ててください。

時には、自分を追いつめてみるのもよいでしょう。
今度、会うときまでに少しは上達していないと顔が立たないといった気持ちをもつと力も発揮しやすいです。

カテゴリー
未分類

Hello world!

WordPress へようこそ。こちらは最初の投稿です。編集または削除し、コンテンツ作成を始めてください。